エベレスト街道.トレッキング
2018年3月19日〜30日

「安曇野ペンション.ラリ-グラス、トレッキングツアー」
タウチェ、小さくエヴェレスト、ローツエ、アマダブラム  (クムジュンの丘から望む、クーンブの山々) 

 PensionLaliguransTrekkingTour2018
今年は30代から70代の8名、Lady「女子旅」 
.Sumikoサウニを除く、ほとんどがこのコースは初めてのメンバーで、エヴェレスト街道のナムチェをベースに、シャンボチェ、エベレストビュ- H、クムジュン、キャンズマを周遊。
 旅の初日、心配していたルクラ便が欠航した。
現地の天候が悪く、急遽、ヘリをチャーターし、ルクラへ飛ぶ。
その後の行動は順調だった。
天気にもめぐまれ、楽しい山旅を満喫してきました。



すみちゃん

Kuniちゃん

Fulちゃん

Yoshikoちゃん

Makiちゃん

Sakiちゃん

Hatsueちゃん

Takaeちゃん


◆旅の行動記録

 
●3月19日 NGO(TG)BKK  ●3月20日 BKK(TG)KTM
カトマンズ空港は渋滞で1時間ほど上空を旋回13:45着陸。迎えの専用車でYak&YetiHotelへ

 
機上から見たHimalaya
右にマカルー8463m、左に.Everest8848mが見えた
  Yak&Yetiホテル、ロビーで旅の打ち合わせ


●3月21日(晴れ:KTM(ヘリコプター)ルクラ 40分のフライト(H.Everest.Eco泊)


.HatsueディディとKuniko.Teacher Maki&Sakiバイニ、(ヘリ搭乗前) 

 ヘリのパイロット  機上からカトマンズの町
早朝から空港で待つこと7時間、13時、本日のルクラ便欠航が決まる。出費が増えたがヘリでルクラに向かう。16時TakeOff、40分のフライトで、夕刻、ルクラに着いた。
期待したヒマラヤは、,雲の中.



●3月22日(晴れ午後雨)
ルクラ7:00発ーパクデンーチュモアーモンジョ(2835m)16:30着(H.Mini.Tibet泊) 本日の行動
25,090歩、14.8km
 ルクラのメイン道路 マニ石とメンダン   オープンテラスでTeaタイム パクデンで昼食 


 
 
ラり−グラス(ネパール国花.赤い石楠花)  モンジョ村出口のチエックポスト  昼食のチャウメン(焼きそば)  モンジョMiniTibetLodge
 
ロッジや運動具店が並ぶルクラの町を通過、ゲートを過ぎ、緩やかな道を下っていく。タードコシでティタイム、パクデンでランチ。
今年はラリグラスの開花が少し遅い。
チュモアの桜も、ようやく咲きはじめたところだった。
かって、ここには「旅籠」と言うロッジがあった。
日本のお爺さんが経営していたが〇〇滞在で長いこと、住み続けていた。旅籠のBaje(爺)とは偶然彼が帰国する直前タメルの町で会ったことがある。

爺さんは、この村にたくさんの桜を植えた。
あるじが いなくなっても、春になれば 忘れず桜は咲く。

チュモアをでて1時間、今日の宿泊地モンジョの宿泊地に着いた。
パクデンでチョット雨に降られたが、全員快調。
チュモアの桜、今年はいつもより開花が遅い     


3月23日(晴れ)
モンジョ7:00発ーナムチエ(3440m)12:05着
本日の行動 14、965歩、8.5km


モンジョを出て、チエックポストのカンニを通過、ジョサレにくだる。吊り橋を渡り、ドウドコシ左岸を行く、前方に新しくできた吊橋が見えた。橋には旅の安全を祈るタルチョや白いカタが取り付けられている、対岸は以前より歩き易い道になっていた
1時間でトップダンダ(3140m)のチョウタラに出た。樹林の間にエヴェレストが姿をみせる。
ここからは緩やかに登っていく。
高度も徐々に上がる。幾度も休憩をとり、のんびりと進む。
12:00ナムチエに着いた。
標高は3440m、高度の影響もなく全員元気に到着。

きれいになった NAMCHEの村

DudhKosi左岸を行く  ドゥ-ド.コシの吊り橋 上が新しい吊り橋 
ドゥ‐ド.コシ吊り橋を渡る  トップ.ダンダでエベレストが・・・。 
Namche NirvanaHomeのスタッフ  ナムチエのバザ-ル

吊り橋を過ぎて15分地点。標高が少しずつ上がる。吊り橋からナムチエまでは標高差600m弱を登る、ナムチエへはビスタリ5時間ほどで着いた
Namche-.NirvanaHome でくつろぐ
  
3月24日(晴れ)
ナムチエ7:00発ーエヴェレストビュ-Hキャンズマーナムチエ15:00周遊 行動 18,396歩、10.7km


ナムチエから少し登ると、クーンブヒマラヤの大景観がひろがっていた。
今日は最高の天気。
エベレストビュウホテル(3880m)のオープンテラスでCafeTime、ゆったりとした、至福の時を過ごす。
1時間ほど休憩し、ホテルの裏側、クムジュンの丘に登ると展望は更に開けた。
村はずれからキャンズマへと下って行く。
その後、水平道を歩きナムチエへ
今日はのんびりとしたハイキング日和、長閑な1日だった。

長閑なシャンボチエの丘を行く  正面の山はタウチェ、 ビュウホテルは右の林の中  
シャンボチに向かう、山はコンデリ エベレストビュウに向かう パルチャモ6273mと右テンギギタウ6943mも見えた 背後はクムジュン村


クーンブの秀峰アマダブラム 6812m

タウチエ 6501m

水平道からクーンブ山々

タムセルク 6623mの夕映え

左にエベレストと、右にローツェ8516m


左コンデ.リ6187mと 鋭い雪のピーク テン.カンボチエ6500m、右奥の雪山はパルチャモ

エベレストビューホテル(3880m) のオープンテラス 



3月25日(晴れ)ナムチェ7:00発ーパクデン14:20着 行動 19989歩、12.3km   
3月26日(晴れ)パクデン7:00発ールクラ11:40着 行動 15037歩、9.2km

吊り橋の手前

ロッジへの荷揚げポーター

モンジュ近く こぶしが咲いていた
 
ロバの隊商

Congratulation see you agen

ありがとう、ポーター達にボクシス(ボーナス)を渡す Thank you so much

Trek最後の夜、恒例の踊りで〆る

 レッサム.ピリリー♪・・・




3月27日(晴れ)
ルクラ7:00発(飛行機)カトマンズ7:35着


心配した帰りのルクラ⇒KTMフライトは順調だった。予定通りカトマンズへ、Yak&Yeti Hotelに戻る。
ルクラ便はいつも悩みの種、時々天候で欠航がある。
スムースに戻れてよかった。


この日と翌日はカトマンズの市内観光。パタン、ボダナートを巡る。夜は「古都」レストランでお別れ会、RolwaringEccursionの皆さん、いろいろお世話様、ありがとう。

3月29日帰国の途へ、TGでBKK乗り継ぎ、30日朝セントレア空港に帰国。

帰国の朝、シェルパから 別れのカタがメンバーに・・・

旅の最終日はダルバーマグにある「古都レストラン」でロールワリンのスタッフと夕食会
古都の
Owner HijikataSujiiにも色々お世話になりました。
ここの日本食はお勧めです。
KTMを訪れたら是非立ち寄ってみてください、

場所は、ダルバーマグ、アアンナプルナホテルのすぐ近くです

ボダナート

古都パタン

タルカリマーケット(アサン)

ネパール定食ダルバート


   「アーカイブ」 左 夕映えのコンデ.リ  右 雲の中のアマダブラム 
 



HOME 海外登山と世界の山旅

..